SSブログ

ザルツブルク音楽祭2013 ファン・ディエゴ・フローレス リサイタル [コンサート(海外)]

Liederabend Juan Diego Florez
Haus fur Mozart

PROGRAMM
STEFANO DONAUDY : O del mio amato ben Nr. 18 aus 36 Arie di Stile Antico (1918)
STEFANO DONAUDY : Quand'il tuo diavol nacque Nr. 19 aus 36 Arie di Stile Antico (1918)
STEFANO DONAUDY : Vaghissima sembianza Nr. 14 aus 36 Arie di Stile Antico (1918)

GEORG FRIEDRICH HANDEL : Arie des Jupiter: Where'er you walk aus Semele HWV 58 (1743)
GEORG FRIEDRICH HANDEL : Arie des Jupiter: I must with speed amuse her aus Semele HWV 58 (1743)

GIACOMO MEYERBEER : Romance des Raoul: Plus blanche que la blanche hermine aus Les huguenots (1836)

GIUSEPPE VERDI : Arie des Gaston: Je veux encore entendre ta voix aus Jerusalem (1847)

FRANCESCO PAOLO TOSTI : Ideale (1882)
FRANCESCO PAOLO TOSTI : Vorrei morire (1878)
FRANCESCO PAOLO TOSTI : Parted (1900:1903)
FRANCESCO PAOLO TOSTI : L'alba separa dalla luce l'ombra (1907)

PABLO LUNA : Paxarin tu que vuelas aus La picara molinera (1928)

JACINTO GUERRERO : Flor roja aus Los gavilanes (1923)

JOSE SERRANO : Jota aus El trust de los tenorios (1910)

GAETANO DONIZETTI : Arie des Roberto: Come uno spirtoangelico aus Roberto Devereux (1837)

(アンコール) 6曲くらい

INTERPRETEN
Juan Diego Florez, Tenor
Vincenzo Scalera, Klavier

*****

8/29(木)18:00~20:10頃

フローレスの「歌曲の夕べ」。
こちらも早々に売り切れになった人気公演。
幸運なことに1階最前列で聴くことができました。

第1曲目からフローレスの素晴らしい歌声に大興奮!
抜けるような輝かしい高音、長い息のフレージング、明晰に転がしたアジリタ等、難度の高い驚異のテクニックもものともせず、さらりと余裕で歌い上げてしまう。
そのうえ表現力豊かな情熱的な歌声で、聴いている方もテンションが上がってしまいます。

歌の素晴らしさだけではなく、とにかく楽しいリサイタルでした。
たとえばある曲を情熱的に歌っていたフローレスの歌声が、フィナーレ直前に突然、ピアノと共にストップ。 固唾をのんでフローレスが発する最高音を待ち構えていた観客に向かって、茶目っ気たっぷりに指を振って「もう少し待つんだよ~!」と言わんばかりに指を振ってじらした後に、息の長い、輝かしい最高音を発しての見事なエンディング。
熱狂的な拍手喝采が起こりました。

こうしてフローレスが1曲歌うたびに、観客全体がどんどん、沸きに沸き、フローレスと観客が一体となって盛り上がった素晴らしい公演。

アンコールも6曲くらい歌ってくれ、1曲、歌い終わる毎に、スタンディング・オベーションの大きな拍手が何度も続き、更なる盛り上がりで終わり知らず。

フローレスがアンコールの曲名を告げる前に、「ロッシーニ」とリクエストをする観客がいたり、期待していた曲名とは違ってがっかりする人がいると、フローレスが「これも良い曲だよ!」と言って歌い始めたりと、フローレスと観客との相互のやり取りがこれまた楽しい。

何曲目かのアンコールで「マライア」(?)とかいう曲を歌った後、ふと客席後ろを振り返ると、ザルツブルク音楽祭のペレイラ芸術総監督が一人、立ち上がって大喜びで拍手をしていらした。
どうやらマライアをペレイラに引っ掛けて歌っていたのかな~?

アンコール最後の方には待望の「連帯の娘」も!
これぞ世界一の最高のテノールと思えるべき、輝かしく、突き抜けるようなハイCの連発で圧巻。
そしてアンコールの締めは「リゴレット」の「女心の歌」。

9163692_1996435262_182large (480x640).jpg


楽しく素晴らしいフローレスのリサイタルを堪能できて、ザルツブルクに来た甲斐がありました。
今回の音楽祭で一番、感動し、忘れ難い公演となりました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます